おならの臭い原因は腸内のガス環境が悪い?

腸のなかでは、食物を吸収するために分解をするわけですが、その時ガスが発生します。
食べた物によってガスの種類が異なると言われています。

さつまいもや豆等炭水化物系を分解するときにはメタンや二酸化炭素のガスが発生します。
これはそれほど臭いはきつくありません。
次に、肉や卵などのタンパク質系が分解するときにはアンモニアや硫化水素ほかのガスで、強烈な臭いとなります。
また、脂肪系の食物が分解されると揮発性の脂肪酸になり汗の臭いに近いです。
ですから臭いおならはタンパク質系の食物を摂取した場合となります。このたんぱく質系の食物は腸の中に止まっている時間が長い傾向にあります。余計に腐敗しますのでガスがお腹にすぐいっぱいになります。

食べたものによってガスの臭いが違いますので、食べ物を注意することができます。便秘になっている場合はガスの出が悪くなるので毒素が体内に回る可能性が高くなります。おならは健康のバロメーターと考え食物繊維類の多いいも類、豆類、海藻類を多くとりましょう。

カテゴリー: 体臭防止   パーマリンク