便秘をすると太るって本当ですか?

便秘になったから太ったのでしょうか。かならずしもそれだけが理由ではないでしょうが、便秘になると太りやすくなります。

普通は腸の中では菌の繁殖により食物は分解され栄養となったものは血液に送り込まれます。それ以外のものは腸で便に変わっていくわけです。
便がそのまま外へ出てしまえば問題がないのですが、大腸は小腸から来た栄養分を一時止めておく作業があります。
ず~と止まっていると水分を過剰に吸収されて便秘になります。そして腐敗が始まると毒素が発生し血液に入ります。
肝臓ではその毒素から守るために脂肪をより作り出します。
さらに腸内ではビタミンB2やB6を作っていますが、それは食欲を調節するもので、便秘の毒素によって働かなくなり、食欲の調整が出来なくなります。どんどん食べたくなってしまいます。

便秘になると体にとって良いことは何もありません。毒素が体中を回っているのです。慢性にさせないためにも、軽い便秘なら治せる方法を考えておきましょう。大腸の長さは約1.5mあるので詰め込まれている便の量は5キログラム以上あるといわれています。太ってしまってから減量することはなかなか難しいので便秘をしないようにしましょう。

カテゴリー: 便秘解決のヒント   パーマリンク