加齢臭とフェロモンはどう違うか?

ノネナールという物質がが加齢臭の原因の一つです。
男性は体質的に皮脂が多く分泌されることもあってノネナールが大量に作り出され、臭いといわれるのです。
女性も中年以降加齢臭はあるのだけれど女性ホルモンが脂肪酸の酸化抑制効果があるのでそれほど感じません。

加齢臭なのかほかの臭いなのかわからないが嫌な臭いではないとき、それをフェロモンと思ってしまう人がいるのではないでしょうか。
でも実はフェロモンは無臭なのです。

動物が相手をひきつけるためにフェロモンを出すことが知られていますが、それは動物のフェロモンで人間には通用しません。
人間のフェロモンは無臭ですが、それでも鼻の奥で感じる器官をもっているとのこと。

加齢臭体内からの脂肪酸が表に出て酸化して悪臭になるのだから、中年はよけい清潔に体を保つ必要があります。
ミョウバンのような消臭効果のある液体で体を拭くなどしても良いですね。
また酸性の体質であるとよけい加齢臭に悩まされることになります。タバコも体内から悪臭を放つ原因の一つです。

カテゴリー: 体臭防止   パーマリンク