帽子をかぶると薄毛になるって本当?実は…

帽子をかぶるには頭皮を圧迫しないサイズを選ぶことが大切です。
かぶることで薄毛になりやすくなる条件としては、高温多湿の状態があります。これは皮脂が多く出てくることで、それによって細菌の活動が活発になって抜け毛の原因にもなります。

そして、圧迫されている状態では頭皮の毛細血管の血行が悪くなります。これは毛の生育を阻害して薄毛のリスクが高くなってしまいます。帽子をぬいだ時は良くマッサージをすることが良いでしょう。

帽子着用でのメリットもあります。頭皮を紫外線から守るという大切な役目も持っています。
薄毛になっている人は紫外線を直接当たるようになるので帽子をかぶった方が良いです。汗をかいたら脂肪酸も出ていますので早めに洗髪をし、清潔にしておくことです。

夏は特にこまめに汗を拭くなどするようにして通気性の良い帽子を着用します。帽子は薄毛を進行させる場合と頭皮を守るという2つの働きがあるので効果的に利用しましょう。

カテゴリー: 薄毛対策   パーマリンク