眼精疲労と薄毛のただならぬ関係

髪の毛が作られる際に、肝臓でメチオニンが作られ、そしてシステインというアミノ酸が重要な働きをします。眼の疲労したとき使われ、角膜を修復すおるときに必要となります。
また、髪の毛の細胞を作るのに亜鉛が必要です。

このように眼と薄毛になる要因には関連性があるわけです。

毎日パソコンで眼を使いすぎている現代人は眼精疲労の対策を重点項目にしなればいけません。長時間パソコンを操作しない、パソコンの画面に近すぎないようにするとか、明るさを500ルックス以下にするなど工夫をしてみましょう。

目の疲れを解消するのにビタミンB群のビオチン入り目薬を使用するのも良いでしょう。

食べ物としてはメチオニン含有はまぐろ赤身、鶏レバー、牛乳、牛肉、青魚他で、システイン含有はいわし、小麦胚芽など、亜鉛含有は牡蠣、ショウガなどあります。3つがバランスよく摂取できる食材はイワシです。

眼精疲労を解消することは薄毛を解消することになっているわけです。

カテゴリー: 薄毛対策   パーマリンク