肌についてしまった白髪染めを落とすには

白髪染めは白くなってしまった毛髪を染めるためのものです。肌に直接使用するものではありません。
白髪に色が入りやすくなるように、色々な成分が入っています。その中には体にとって有害なものもあると言われています。
しかし実際に白髪染めをする時、どうしても頭皮などについていまいますよね。

なにしろ髪の毛は頭皮から直接生えています。白髪染めが皮膚につかないようにするなどとても無理な話です。
人間はそんなに器用な生き物ではありません。どうしても生え際などについてしまいますから、その時は落とすように心がけましょう。
その成分などによっても違いますが、肌にとっては負担となりますのでそのまま放置しておくのはやめましょう。
また肌から吸収される事で健康被害なども考えられます。一度きりならだまだしも、何度もそういう事が積み重なるのはよくありません。
体にとって悪いものなら尚更早く取り除いてあげたいですね。面倒くさがらずにその都度落とすようにしたいものです。
なかなか落ちない場合は、水で濡らしてタバコの灰などをこすりつけてみてください。強くこすると皮膚を痛めるので注意しましょう。

カテゴリー: 白髪の対策   パーマリンク