薄毛の人に不足している亜鉛

亜鉛は酵素の元になる大切なミネラルの一種です。抜け毛の最も大きな原因と言われている活性型男性ホルモンを阻止する働きがあるのです。
最近はコンビニなどでもサプリメントを見かけます。亜鉛とカルシウムは相性が悪いため牛乳で亜鉛を摂取しても吸収は良くないようです。お茶に含まれるタンニンもよくありません。

食品に含まれている亜鉛の含有量順は、カキ、レバー、牛肉、チーズ、納豆、エビ、卵、牛乳の順になっています。亜鉛が不足すると薄や抜け毛も多くなると言われています。
髪の毛はタンパク質で亜鉛はその代謝に必要なミネラルということです。亜鉛が欠乏すると薄毛の要因にもなりますが、他に免疫機能が弱くなるために皮膚炎を起こしたり、無月経になったり、ビタミンA欠乏症になることもあります。
薄毛となるのは、ストレスが体にかかるとバランスが崩れ、人の弱い所にその負担を強いる傾向にあるため、頭皮や毛根がウイークポイントであれば薄毛になるでしょう。
肉や卵等食べ過ぎてはいけないのですが、肉食は体に良くないと拒否しては別の部分に支障が出てきます。

カテゴリー: 薄毛対策   パーマリンク