薄毛をカバーできる意外な髪型って?

男性の場合、薄毛を気にするあまり薄い所を隠そうとするようだがこれは逆効果です。
見た人が隠したところに目が行ってしますからです。長めの毛が残っていると、ついもったいなくてカットするのをためらってしまいがちです。

意外に思うかもしれませんが、薄毛の場合はショートヘアーの方がしっくりといきます。
薄毛は地肌が見えていることが多いので横や後ろの髪の毛も短めにして全体のボリュームを均等にすることです。
分け目はつけないように自然な感じを出します。長い髪を無理に薄毛に持ってきてカバーしようとしないことです。

太った人が、体型を隠そうと大きめの洋服を着ると、逆効果でよけいに太って見えてしまうのと似ていますね。

女性の場合もロングやセミロングよりショートにした方が目立ちません。
女性は前だけ薄くなるというよりは全体的に薄くなります。
パーマをかけることはおすすめしませんが、ゆるいカールがかかっている髪型の方がボリューム感を出せるようです。

カラーリングをする時は自分の地肌の色を考え違和感のない色を選ぶことではないでしょうか。
真っ黒の髪色ですと肌色との対比で余計薄毛が目立ってしまうでしょう。

カテゴリー: 薄毛対策   パーマリンク